かっすーでカネタタキ

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵にお願いする時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を前もって協議します。

探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。

調査する人の所属するオフィスにより、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。

探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査中の食費が加わることもあるようです。

そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、計算した費用です。

短い期間で浮気調査を終えると費用も安くすむわけです。

日頃、相手の行動の様子を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を掴む場合には、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。

そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。

豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。

GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、移動中の所在を確認したり、データログを後から読み出し調べたりします。

移動手段に、車を使わない人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。

そうすれば、相手がどこに行ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる範囲のことは自分で前もって調査を済ましておくようにしましょう。

調査とはいっても簡単にできることなのです。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで調査費用の節約につながるのです。

毎日の出勤時間、帰ってくる時間、電話がかかってきたならば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。

なんとアルバイトの探偵がいる例があってしまうのです。

探偵のアルバイトを探してみると、求人情報が表示されます。

ということは、バイトを使っている探偵事務所もいくつもあります。

浮気調査を頼むときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。

探偵に浮気の調査を要請して、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。

パートナーが信用できなくなってしまうとこの先の長い時間を一緒に過ごすことは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求すると配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

浮気調査の第一段階ですべき事は、不倫相手の存在を明らかにする事です。

不倫行為が確実ではない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

もしも浮気が確かなこととなれば、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、怪しまれぬよう監視を続け、不倫相手の正体を確かめるのです。

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

でも、パートナーを問い詰めても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件で離婚できません。

そのため、確実な証拠というものが必要になります。

実際に探偵に頼むことで浮気の証拠が掴めます。

相手が浮気をしているのではないかと思った場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。

ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで集めようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまうリスクが高くなります。

理由としては単純で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *