マエアツと遥(はるか)

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、敵の情報は必要ですし、間違いのない、裏切りの数々を突き付けられるようにしないといけません。

その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を貴方に届けてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を用意してくれるでしょう。

浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で依頼したら損することは無いかと言いますとケースバイケースでそうでないこともあります。

普通、成功報酬と言えばもし調査が不成功の場合、報酬を払わずに済みますから依頼者から考えると得ではないかと思うのです。

そのため、成功報酬の探偵事務所に特定して、利用したいと思っている人もいるのです。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめますね。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段にごく自然に使われるからです。

今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をことも多くなったとはいえ、好意を持つ相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。

そのため、何気なく電話することは否定できないのです。

浮気の形跡がSNSを介して見つかることもあります。

SNSは名前を伏せて利用している事もあるので相手も思いがけずに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事が多発しているように思われます。

場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットに公表している場合もあるのです。

アカウントを認識しているのなら検索してみて下さい。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても今後も、パートナーであり続けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやらないほうが無難です。

浮気の事実を突き止められると相手が逆ギレしてしまって、離婚を避けられない事態に陥ることがあるでしょう。

その上、浮気相手との会話によって精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

成功報酬の難しいところは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だった場合、3日間で浮気が発覚しなければその調査に関しては成功ということになります。

実際に浮気があったとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査についてはそこで完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

興信所と探偵事務所の違いとしては、これと言って無いと言ってもいいかもしれません。

浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じような仕事内容です。

ただし、差があるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

同一電話番号から電話を頻回に電話が掛かってきていたり取り合っているとなるとそれが浮気相手とのやり取りであるのは濃厚であると考えられます。

そうしたらその電話番号の相手が誰かということを見つけ出せばいいのです。

しかしパートナーの方が一枚上手ですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

浮気調査でなにより大事なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。

不倫行為が確実ではない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次は不倫相手を調査となります。

尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、不倫相手の正体を押さえるのです。

レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をおさえる事もできるはずです。

いつもなら立ち寄らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけるようになったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。

そこで見張っていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *