一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

日々のケアが欠かせません。

毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。

それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。

レバウルフの評判
インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *