人工物のインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こす

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。
雲のやすらぎ

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *